公庫に融資してもらう前に経営状況をチェック

公庫に融資してもらう前に経営状況をチェック

公庫で事業資金を借りるためには、経営状態が健全である必要があります。

 

会社の将来の雲行きが怪しく、経営状態が危惧されるような状況であれば、公庫で事業資金を借りることはできないでしょう。

 

では、会社の経営状況をチェックし、それを公庫に示すためにはどうすれば良いのでしょうか。

 

以下で具体例を挙げていますので、公庫で事業資金を借りることをお考えであれば必ずチェックしていただけたらと思います。

事業計画書を作成する

経営状態を示すうえでもっとも大きなポイントとなるのが、事業計画書です。

 

事業計画書は過去と現在、そしてこれからの事業計画や課題、収益見込などが記載された書類であり、公庫で事業資金を借りるためには必ず作成しなければなりません。

 

事業計画書を作成することにより、会社の経営状況を詳細に把握できるようになりますので、早めに作成しておくと良いでしょう。

創業計画書を作成する

これから事業を始めようと考えている方の場合、公庫で事業資金を借りるためには創業計画書を提出しなければなりません。

 

創業計画書は創業に至った同期や経営者の略歴を記載する書類となっていますが、借入状況や月平均の売上見込などを記載する欄もありますので、経営状況をチェックするのにお役立ていただけるでしょう。

 

なお、創業計画書の提出が必要な公庫の融資制度は、新創業融資制度や新規開業資金などとなっています。

企業概要書を作成する

企業概要書は、会社の沿革や従業員数、取り扱い商品およびサービスなどを記載する書類となっていますが、取引先との関係についても記載する項目がありますので、現時点でどこと取引しているのか把握するためにも利用することができるでしょう。

 

また、企業概要書には借入状況を記載する項目も設けられています。

事業計画進歩報告書を作成する

公庫から追加で事業資金を借りる場合、事業計画進歩報告書を提出しなければならない場合があります。

 

事業計画進歩報告書とは、その名の通り、事業計画書に基づいてどの程度進んでいるかをチェックするための書類です。

 

事業計画書を作成した時点と比較して、現在の事業がどの程度進行し、経営状況が改善されているかどうかを確認することができますので、円滑な事業展開にも役立てることができるでしょう。

 

ちなみに、公庫から事業資金を借りる際に提出しなければならない書類については、すべて公庫のホームページからダウンロードすることができます。