公庫からお金を借りる際の条件をチェックしよう

公庫からお金を借りる際の条件をチェックしよう

公庫で借りるためには、公庫が提供している各融資制度の条件を満たしていなければなりません。

 

公庫の融資制度の条件は非常に厳しいということでも知られており、ビジネスローンと比較すると審査に通る可能性は非常に低いと見て良いでしょう。

 

では、公庫で事業用資金を借りるためには、どのような条件をクリアしていなければならないのでしょうか。

 

以下で公庫の代表的な融資制度における条件をまとめてみましたので、参考にしてもらえたらと思います。

公庫の新創業融資制度で借りる条件

公庫の新創業融資制度で借りる条件としてまず挙げられるのが、自己資金を用意できるということです。

 

公庫の新創業融資制度では3000万円まで借りることができますが、創業資金のうち10分の1を自己資金で用意することが条件となっています。

 

また、新しくビジネスを始める、もしくはビジネス開始から税務申告を2期終えていないことも条件です。

 

その他にもたくさんの条件が設定されていますので、公庫で借りる際には必ずご確認ください。

公庫の新規開業資金で借りる条件

公庫の新規開業資金で借りるにはいくつかの条件を満たしていなければなりませんが、もし勤務している企業と同じ業種をスタートさせるのであれば、その企業に6年以上勤務している、もしくは同じ業種の企業で通算6年以上勤務していることが条件となります。

 

その他にも、産業競争力強化法で規定されている認定特定創業支援事業をスタートされるなど、多くの条件がありますので、公庫に確認をとっておきましょう。

公庫の普通貸付で借りる条件

公庫の普通貸付で借りるには、業種の条件をクリアしている必要があります。

 

公庫の普通貸付で借りることができるのは、金融業や投機的事業、一部の遊興娯楽業以外の事業を営んでいる方のみです。

 

なお、公庫の普通貸付は不動産を所有していない方でも借りることができます。

公庫のマル経融資で借りる条件

公庫のマル経融資で借りるための条件は、公庫の融資制度の中でも最も厳しいと言っても過言ではないかもしれません。

 

まず一つ目の条件が商工会議所および商工会などの経営指導を6ヶ月以上受けているということ、そして二つ目の条件が商工会議所会頭、もしくは商工会会長などの推薦をもらっているということです。

 

したがって、公庫のマル経融資で今すぐ借りることはできず、最低でも半年以上はかかるということになります。

 

なお、公庫のマル経融資は保証人と担保不要で借りることが可能です。