日本政策金融公庫の新創業融資制度で融資を受ける

日本政策金融公庫の新創業融資制度で融資を受ける

新創業融資制度は、公庫が提供している融資制度のひとつです。

 

これから事業をスタートさせる、もしくは事業をスタートさせてから税務申告を2期終えていない方が借りることのできる制度となっています。

 

すでに事業を長く展開している場合は公庫の新創業融資制度で借りることはできませんので、ご注意ください。

 

以下、公庫の新創業融資制度について見ていきましょう。

公庫の新創業融資制度の特徴

公庫の新創業融資制度における最も大きな特徴は、低金利でまとまった事業用資金を借りることができるという点でしょう。

 

ビジネスローンと比べるとかなり有利な条件で借りることができますので、より効率的な会社運営をしたいのであれば、公庫の新創業融資制度で借りるのは大変おすすめです。

 

また、公庫が提供している融資制度の多くは担保と保証人を用意しなければ借りることができませんが、新創業融資制度であれば担保と保証人なしで借りることも可能です。

公庫の新創業融資制度で借りる条件

公庫の新創業融資制度で借りるためには、たくさんの条件をクリアしていなければなりません。

 

上記にも記載していますように、これから事業をスタートさせる、もしくは事業をスタートさせてから税務申告を2期終えていない方が利用できる制度ですが、そのほかにもたくさんの条件があります。

 

その条件のなかで特に注視したいのが、自己資金を用意しなければならないということです。

 

創業時にはまとまった資金が必要となるため、公庫の融資制度やビジネスローンで借りることをお考えの方も多いと思いますが、公庫の新創業融資制度で借りるためには、創業資金全額のうち10分の1を自己資金で用意しなければなりません。

 

この条件を満たしていなければ、公庫の新創業融資制度で借りることはできませんので、ご注意ください。

 

また、公庫が提供している新規開業資金や再チャレンジ支援融資、新事業活動促進資金など融資制度を利用していることも、公庫の新創業融資制度で借りる条件となっています。

公庫の新創業融資制度で借りるデメリット

公庫の新創業融資制度で借りるデメリットは、即日借りることができないということです。

 

上記に記載していますように、公庫の新創業融資制度の条件は非常に厳しく、それゆえに審査時間が長くかかってしまいます。

 

審査結果が分かるまで少なくとも数日から数週間はかかることになりますので、即日借りるのであれば公庫の新創業融資制度よりビジネスローンを利用したほうが良いでしょう。

 

公庫と銀行からお金を借りるならどちらが良い?