公庫から即日でお金を借りることができるの?

公庫から即日でお金を借りることができるの?

急ぎで事業資金を借りることを考えている方もたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。

 

ビジネスを推し進めていくにあたり、急に事業資金が必要になるケースはあるものです。

 

公庫の融資制度は金利が低く、かつ借りることができる限度額が高いということで人気ですが、残念ながら即日で借りることには向いていないと言わざるを得ません。

 

では、なぜ公庫で即日お金を借りることができなのでしょうか?

 

以下でその理由を説明していますので、参考にしてもらえたらと思います。

公庫は審査時間が長い

公庫で即日借りることができない最大の理由は、審査時間が非常に長いということでしょう。

 

当サイト「公庫で借りるのは待って!日本政策金融公庫融資ガイド」で取り上げているビジネスローンのなかには審査時間を最短当日中としているものもあります。

 

つまり、審査に申し込みして即日中に事業用の資金を借りることができるというわけです。

 

一方、公庫の審査時間が基本的に数日から数週間となっていますので、まず即日借りることはできないでしょう。

 

ちなみに、公庫が提供しているマル経融資(小規模事業者経営改善資金)は商工会議所や商工会などによる経営指導を6ヶ月以上受けていなければなりません。

公庫で借りる手段が少ない

公庫で即日借りることができない理由のひとつに、借りる手段が少ないということも挙げられます。

 

ビジネスローンのほとんどは店舗だけでなく、インターネットや提携ATMを通して事業用資金を借りることが可能です。

 

一方、公庫の融資制度は基本的に金融機関口座への振り込みとなっていますので、融資を申し込みしてから振り込まれるまで時間がかかってしまう場合があります。

 

そのため、事業用資金を即日借りるのであれば、公庫の融資制度よりビジネスローンのほうが圧倒的に向いていると言えるでしょう。

 

即日借りるなら公庫よりビジネスローン

上記でも説明していますが、事業用資金を即日借りるのであれば、公庫よりビジネスローンのほうが大変おすすめです。

 

ビジネスローンの審査は公庫の審査より圧倒的に早いですし、インターネットや提携ATMを利用して借りることもできるため、すぐに事業用資金を借りることが必要な場合でも対応してもらえます。

 

公庫で借りることと比較すると金利が高いというデメリットこそありますが、即日借りることを重視するのであれば、間違いなく審査時間が早いビジネスローンを選ぶべきでしょう。

 

公庫と銀行からお金を借りるならどちらが良い?