公庫から融資してもらう方法とは

公庫から融資してもらう方法とは

公庫で借りる方法として、主に4つの融資制度があげられます。

 

その融資制度とは、新創業融資制度、新規開業資金(新企業育成貸付)、普通貸付、マル経融資(経営改善貸付)です。

 

公庫からはその他にもたくさんの種類の融資制度が提供されていますが、この4つが代表的な制度と言えるでしょう。

 

いずれもビジネスを行っている方が借りることができる融資制度であり、低い金利でまとまった事業資金を借りることが可能です。

 

以下で、それぞれの公庫の融資制度を利用して借りる方法をお伝えしたいと思いますので、ぜひご参考ください。

公庫の新創業融資制度で借りる方法

公庫の新創業融資制度で借りる方法は、金融機関の口座への振り込みとなります。

 

公庫の支店で借りる申し込み手続きを完了させた後、指定の金融機関口座に振り込みされるシステムとなっており、ビジネスローンのようにすぐに借りることはできませんので、ご注意ください。

 

また、ビジネスローンのようにコンビニATMで借りることもできません。

公庫の新規開業資金で借りる方法

公庫の新規開業資金で借りる方法は、新創業融資制度と同じく、まずは公庫の支店まで問い合わせなければなりません

 

その後、さまざまな審査を受けた後、金融機関への振り込みという方法で事業用のお金を借りることができます。

 

ちなみに、公庫の新規開業資金で借りることができるのは、新たに事業をスタートさせる方、もしくは事業開始後に資金を必要としている方のみとなっていますので、ご注意ください。

公庫の普通貸付で借りる方法

公庫の普通貸付で借りる方法は、公庫の支店で申し込みし、その後指定の金融機関口座へ振り込みという形になります。

 

なお、公庫の普通貸付はすべての業種の方が借りることができる制度ではありません。

 

金融業、投機的事業、一部の遊興娯楽業については融資対象外となっていますので、ご注意ください。

公庫のマル経融資で借りる方法

公庫のマル経融資で借りる方法は、公庫の他の融資制度と同じです。

 

ただし、上記の公庫の融資制度とは異なり、マル経融資で借りるためには商工会議所、もしくは商工会などによる経営指導を6か月以上受けていなければなりません。

 

また、公庫のマル経融資の審査を受けるためには、商工会議所会頭、もしくは商工会長などによる推薦も必要となりますので、公庫のマル経融資で借りる方法は最も難しいといっても過言ではないでしょう。

 

したがって、事業用の資金を借りるのであれば、総合的に見て公庫よりビジネスローンのほうがおすすめです。

 

公庫と銀行からお金を借りるならどちらが良い?