公庫から借りる際の審査手続きとは

公庫から借りる際の審査手続きとは

公庫から借りる際には審査の手続きを行わなけれななりません。

 

公庫の審査の手続きはそれほど難しいものではありませんが、事前に把握しておければよりスムーズに審査手続きを進めることが可能になるでしょう。

 

では、公庫から借りる際にはどのような審査手続きが必要となるのでしょうか。

 

以下でまとめていますので、ご参考ください。

身分証明の手続き

公庫で借りる際の審査手続きでは、身分証明書を提出する必要があります。

 

身分証明書を提出するのは公庫で借りる本人となっていますので、ご注意ください。

 

身分証明書として利用することができるのは、運転免許証やパスポート、住民票などとなっています。

 

運転免許証もしくはパスポートを身分証明書として提出する場合は期限が切れていないか、住民票を身分証明書として提出する場合は発行後3ヶ月以内であることを確認しておきましょう。

事業内容の証明の手続き

公庫から借りる際の審査手続きでは、事業内容を証明するための手続きも必要となっています。

 

具体的にいえば、決算書や申告書を用意するというわけです。

 

ただし、公庫の融資制度によって準備しなければならない事業内容証明書類については異なりますので、事前に確認しておいたほうが良いでしょう。

事業計画の手続き

公庫から借りるためには、審査時に事業計画書を提出しなければなりません。

 

事業計画書とは、今後どのようにビジネスを展開し、収益を得ていくかという計画が具体的に記載されている書類のことです。

 

ビジネスローンで借りる際の手続き時にも基本的には事業計画書の提出が求められますので、先にフォーマットを作成しておくと良いかもしれません。

 

公庫の手続きはビジネスローンの手続きより簡単?

上記をお読みいただくと、公庫の手続きは非常に簡単だと感じていただけたのではないでしょうか。

 

しかしながら、公庫の審査手続きには非常に時間がかかってしまいますので、数日から数週間は事業用の資金を借りることができません。

 

一方、ビジネスローンの審査手続きは公庫の審査手続きより簡素化されており、結果連絡まで非常にスピーディーです。

 

したがって、審査手続きをより簡単に済まし、少しでも早く事業用資金を借りるのであれば、公庫より当サイト「公庫で借りるのは待って!日本政策金融公庫融資ガイド」で紹介しているビジネスローンをおすすめします。

 

ちなみに、ビジネスローンの審査手続きにかかる時間は業者によって差がありますが、多くの業者が審査手続きの時間を最短当日中としているようです。